マンション大規模修繕のことなら株式会社オガワリフォーム

スタッフブログ

オガワリフォームのスタッフが、マンション大規模修繕業務に関することや
個人のできごとをブログでお送りいたします!

工事部スタッフ

2012年11月30日

西葛西G大規模修繕工事

[ 工事部スタッフ ] [ スタッフブログ ]

12月を目前に風の匂いに冬を感じます今日この頃、現場では足場解体に向けて毎日多数の

工種・作業員で頑張っております。

現在、大規模修繕工事の中でもピーク時なので塗装・防水・タイル・シーリング・長尺シートと

入り混じって工事を進めております。

住民の皆様には臭い・騒音でありがた迷惑ですね。

工事とは関係ないのですが、先日タイル工の職長さんが結婚して、みんなでオメデト〜と盛上り

ました。

一つの現場で集まったみんなって感じで微笑ましかったです。

階段既存シート剥がし バルコニー塗装中
タイル張替施工中 屋根シングル防水施工中


マンション大規模修繕のオガワリフォーム

工事部

品質管理部スタッフ

2012年11月30日

マンション大規模修繕

[ 品質管理部スタッフ ] [ スタッフブログ ]

マンションの大規模修繕工事に関わって、早や30年近くになってまいりました。

引き合いを頂き調査にお伺いした件数は、何百件にもなるのでしょうか。

直接工事をさせて頂き、担当・管理などの業務で関わった件数でも何百件にもなって

しまいました。

それでも、どのマンションにお伺いしても『同じ建物はふたつとして有りません』。

その都度、新しい顔をした建物に出会って来ました。

建物も私達人間と同じなのでしょう。それぞれに違った痛みや病を抱えているようです。

長い年月で疲労も蓄積してきます。

時に応じて、薬を飲み、病院へも通わねば使い物にならなくなるのは、人も建物も同じ

ようです。年毎に、大規模修繕の時期を迎える建物が累積的に多くなり、工事も、

第2回・第3回と回数を重ねるマンションも多くなりました。

近年は工事に関する入手可能な情報も多くなり過ぎ、素人では適否の判断選択が

困難になってしまいました。それゆえにか、施工業者の工事に対する監理も、設計事務所

などの専門業者に委ねる事も普遍的になってきました。

今、自分の住んでいるマンションの大規模修繕工事を実施するに際し、どのような事を

優先的に考えて施工業者・監理会社を選んでおられるのでしょう。

それに思いを巡らせ配慮しながら、Best Quality &Best  Serviceで業務に励んでいます。

 Best Quality &Best  Service  を Now &After

品質管理部

工事部スタッフ

2012年11月22日

手摺の交換

[ 工事部スタッフ ] [ スタッフブログ ]

 私は現在、品川区の武蔵小山でマンションの大規模改修工事を行っております。

工事の内容を一部ご紹介いたします。

古くなったバルコニーの手摺交換です。

既存の錆ついてしまった手摺を切り落とし、アルミ製の新しい手摺と交換するわけですが、

簡単に見えるこの作業も実寸から作成そして撤去・取り付けまでと意外に時間と手間の

かかる作業です。

手摺を交換するだけで2〜3週間という時間を要し、数人の作業員で各工程を進めています。

それでは写真と共に下記にて撤去・設置の状況説明をさせていただきます。

既存手摺(錆ついてます) 完成(綺麗な手摺になりました)

 

 マンション大規模修繕のオガワリフォーム

工事部

積算部スタッフ

2012年11月19日

マンション大規模修繕の積算

[ 積算部スタッフ ] [ スタッフブログ ]

 私自身は新築物件の積算部門に従事していた期間が長く、マンション大規模修繕の積算に

あたっては未だ経験も浅く、この先身につけていかねばならない事も数多くあると感じて

おります。

その、短い経験の中で感じとった新築物件との違い並びに注意点について整理してみました。

【新築物件とマンション大規模修繕との違い】

 1.    現存建物>設計図書。

    新築物件は設計図書よりの積算が主となりますが、マンション大規模修繕は、現実の

    建物がそこにあるのですから現地実測調査が前提となり、設計図書との違いがあれば

    修正を加えながらまとめあげていきます。

  (笑い話ではありませんが、設計図書と調査建物で1層分の階数が違ったこともありました。)

 2.    入居者が生活している中での工事。

    新築物件との大きな違いは、入居者が生活をしている中での工事となります。

    安全面への配慮はもちろんの事、普段の生活環境をできる限り崩さないような施工条件・

    設計仕様等を考慮していきます。

 3.    現場での劣化状況に応じた提案。

    最近、特に気にかかっている一例で、斜壁の改修工事があります。どこの建物でも

    一般外壁に比べると傷みの度合いが進んでいるのが現状です、改修方法は幾通りか

    考えられますが、どの提案がその現場状況に一番適するのかどうかで悩んだりします。

  以上、3点を取り上げてみました。

「お客様が満足し、快適な生活が送られるよう」を念頭においての積算を心掛けていきます。

斜壁シングル葺き 斜壁タイル張り

 

マンション大規模修繕のオガワリフォーム

積算課

営業部スタッフ

2012年11月16日

グランド・リスボアホテル

[ 営業部スタッフ ] [ スタッフブログ ]

私が実際に目にした建築物で、最も度肝を抜かれたのがマカオのグランド・リスボアホテルです。

歴史あるリスボアホテルの横に今世紀登場した巨大建築物です。

下半分はドーム状で、カジノになっており、夜間は電飾でライティングされます。

仕事柄、大規模修繕工事を施工するとしたら、どんな方法で作業を行うのか、ちょっと考えて

みましたが、相当手強いと思います。

意外と超高層建築には竹足場が有効なのかもしれません。

 

マンション大規模修繕のオガワリフォーム

営業部